このような方はご相談下さい

寝たきりや、寝たり起きたりの状態の方

  • 食欲がなく、よくむせる
  • よく熱を出したり、たびたび入院するようになった
  • ひとりでは入浴ができない
  • 介護が大変で、共倒れしそう

退院してから家庭で療養を始めるが、病状や通院が心配な方

  • チューブをつけたままで退院する
  • 通院後もリハビリが必要
  • 毎日、傷の処置が必要
  • 在宅での終末医療看護の支援が必要

訪問看護の内容

医師の指示による医療処置・管理

  • 医療機器やカテーテルなどの管理
  • 床ずれ・創部の処置、採血・注射・点滴
  • 酸素吸入の管理 など(在宅酸素療法、在宅中心静脈栄養、在宅自己注射、在宅腹膜透析、胃ろうなどに対応)

症状の観察

  • 血圧・脈拍・体温などの測定
  • 健康状態の観察
  • 栄養、摂食状態のチェック など

療養上のお世話

  • 清拭、排泄の援助・指導
  • 食事介助指導
  • 寝たきり・床ずれ予防
  • 自立支援、栄養指導 など

ターミナルケア

  • がん末期・終末期(難病、老衰など)でのケア

リハビリテーション

  • 拘縮予防、機能回復
  • 日常生活動作の練習
  • 飲み込み・食形態
  • 摂食方法の助言
  • ことばの練習 など

介護相談や介護支援

  • 介護方法、介護の不安
  • ストレスの相談
  • 介護用品の情報提供 など

サービスのご利用にあたって

  • お申込み:当事業所まで連絡をいただければ、丁寧に説明致します。また、かかりつけ医(主治医)やケアマネージャーにご相談ください。
  • 訪問看護をご利用になる場合は、主治医が交付する「訪問看護指示書」が必要になります。
  • 原則として、介護保険での利用が優先されます。医療保険、介護保険の適用については、担当者にお尋ね下さい。

対象となる方

介護保険利用
介護保険で要介護認定(要支援、要介護)を受けている方
医療保険利用
医師が訪問看護の必要性を認めた方(小児から高齢者まで)

地域の医療機関との連携も

地域の診療所・病院のかかりつけ医(主治医)や様々な在宅サービス事業所、そしてケアマネージャーとの連携を密にして、一貫した流れの中で訪問看護を行います。ご安心ください。

ご利用時間

月曜日~土曜日 8:30~17:30
※原則として年末年始はお休み
※但し、夜間や休日に急変した場合は24時間対応が取れる体制を整えています。

訪問回数

利用者様の状態に応じて、かかりつけ医やご家族と相談の上、決定いたします。

訪問エリア

訪問エリア
  • 旧大沢野町
  • 旧大山町
  • 旧八尾町
  • 富山市南部(月岡、熊野、新保、蜷川、栗山)
  • 旧婦中町南部 など

その他の地域の方はご相談に応じます。
希望の郷

PAGE TOP